flumingo

flum

mountaineering & camera

PENTAX K-3 MarkIII

Untitled

PENTAXが満を持して生み出したAPS-CフラッグシップPENTAX K-3 MarkIIIを手に入れました。

First Impression

使い始めて初日ですが、KPと較べて感想程度にファーストインプレッションをまとめてみます。

Design

ビジュアルがとても良いですね。ボディの縦と横の比率、トップカバーのトンガリ具合がとても好みです。嵩張らないサイズ感は日常の持ち出しにストレスを与えません。PENTAXフラッグシップの伝統のプレミアムスモールが継承されていますね。

またグリップ感も含めた操作性もPENTAXユーザーにとっては変わらず良好。使って初日で大きな違和感は感じませんでした。

その他に各種設定メニューのUIがGRIIIと同じような感じになって少し戸惑いましたが、暫くすると慣れるはず…

Finder

1番のアピールポイントがファインダーの見やすさ。被写体も透過液晶に映る情報もクリアでファインダーを覗く煩わしさがないので、これに慣れてしまうともう他の機のファインダーでは耐えられないかもしれません。ファインダー歴代最高峰と言われたSONY α900と比べたらどうなるんだろうと気になるところです。

Imaging Power

ディテールの自然さとシャープネスの調和が素晴らしい。PENTAX KPの描写力も十分でしたが、それを上回ります。高解像度になった背面液晶も相まって撮った後に写真を確認した後の満足感が高まります。これまでのPENTAX機は背面液晶が曇った感じがあって本来の画質を表しきれてなかった感じがあり、店頭で他のメーカーと比較した時に不利になるだろうなと思っていましたが、これなら安心です。

Price

APS-C機なのにお値段はフルサイズ並みというPENTAXを知らない人間からすれば信じられない価格設定ですが、ファインダーの新開発、イメージセンサー・処理エンジンの刷新を考えるとまあこれくらいの値段になるかなと思ったりします。

価格に見合ったカメラなのかはまだ分かりませんが、ミラーレス全盛時代となった今において最上級の一眼レフを開発したのは素晴らしいと思います。

Untitled

My First Impression Photos

最初の手慣らしとして家島諸島を撮ってきました。

Untitled

姫路港

Untitled

相浦港

Untitled

相浦の町の様子

Untitled

Untitled

相浦港を見下ろす

Untitled

Untitled

手網港 家島坊勢の渡船の待合室

Untitled

手網港

Untitled

坊勢港

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

弁天島

Untitled

Untitled

 

 

プレミアムスモールの正統進化、PENTAX K-3 MarkIII。しばらくはこのカメラで落ち着けると信じています。そして、光学ファインダーから抜け出せず時代に取り残された者たちにとってのエデンとなるようなカメラとして多くの人に愛されることを祈っています。

Untitled