flumingo

flum

mountaineering & camera

HD DA15mm F4ED AL Limited

Untitled

PENTAX Limitedレンズ広角レンズ DA15mm F4ED AL Limitedを買ってしまいました。

GRIIIを持っているので広角レンズは要らないはずなのですが、広角で撮ったものをカスタムイメージでカメラ内現像してみたいという欲を抑えきれませんでした…

Untitled

ついにLimitedもシルバーに手を出してしまった。このマッチング具合ですでに満足です。ブラックボディにシルバーいいかもしれません。これ以降のLimitedレンズはシルバーにしていきます。

 

My First Impression Photos

Untitled

見た景色を広く撮れるのいいですね。

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

橋梁撮りにいいですね。

Untitled

Untitled

開放F4ですが、撮り方次第でボカせますね。

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

影が優しく出るのもLimitedらしくていいですね。

 

Untitled

コンパクトな可愛いレンズにハマってきました。将来的には今持っている大きいレンズも全てLimitedに置き換えたいところ…(お金足りない)

Untitled

lost item

Untitled

雨が続いた最近。もう降りすぎてしかも少し暑さも弱まって秋雨みたいな感じですね。

Untitled

雨の日の写真の楽しみ方が思い出せず、ちょっとブルーな気持ちの最近でしたが、ようやく思い出せました。

それは「カメラの機能を開拓する」です。

PENTAXにはカスタムイメージのほかに、デジタルフィルターというものがあり、それを完全に忘れていました。

Untitled

偶然にもカメラ内現像中にデジタルフィルターに「トイカメラ」があるのを思い出して、それを当ててみました。

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

曇天で色を失いがちな写真に少し彩があって写真を撮るのが楽しい。

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

あとあと見返して、いつまでも気にいる写真か分からないですが、雨の日、曇りの日を乗り切るいいきっかけになりそうなのでPENTAXユーザーの方は是非使ってみてください。

Untitled

 

こちらもどうぞ

Nanki

Untitled

南海道紀伊国へ。せっかく南紀に来たっていうのにこの曇り空。嫌になってしまいますね。

Untitled

 

Untitled

Untitled

醤油発祥の地 湯浅へ。醤油を粉末にした調味料を購入。

 

Untitled

トルコ軍艦遭難慰霊碑

オスマントルコ帝国軍艦エルトゥールル号が遭難した樫野埼へ。

Untitled

樫野埼灯台の横にはトルコ共和国建国の父ムスタファケマル騎馬像があります。

Untitled

内航船は結構ギリギリ通ってるように見えて座礁しないか少しヒヤヒヤします。海図と測深で大丈夫だとは思いますが。

Untitled本州最南端 潮岬

本州最南端が近畿にあるって変な感じですが、ここが間違いなく最南端。

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

しっかり潮岬灯台に登って、そして、灯台カードもゲットです。

 

Untitled

せっかくの橋杭岩も天気悪すぎる…

 

Untitled

那智御瀧

那智の滝は雨でも映えますね。

Untitled

熊野本宮大社大鳥居。かつてはこの地に境内があったようですが、1889年に水害で失われています。

Untitled

今はすぐ近くの小高い丘の上へ移られています。これなら水害でも大丈夫。

Untitled

Untitled

雨で水量が多いのかなと思ったりしますが、あまり濁ってないので普段からこんな様子なのでしょうか。さすがは紀伊山地のど真ん中、水が豊富…

 

Untitled

天気が悪い南紀の旅だったので、メインは食と酒になってしまいました。

Untitled

とれとれ市場で集めた食材に湯浅醤油の粉末をかけて食す。本当に美味でした。

 

曇天や雨やらで少し残念な南紀でしたが、魅力ははっきりと理解しました。またいつか天気が良い日に再訪できることを祈って…

Untitled

 

こちらもどうぞ

Horyuji

Untitled

関西に住んでいたにも関わらず、行かずじまいだった法隆寺を訪ねました。

カラー写真に何か疲れてしまったのでK-3IIIとGRを粒状感モノクロームに設定を変えて撮ってみました。シンプルで良い…

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

たまにはモノクロも良いなと思いつつ、モノクロで撮ったらカラーが惜しくなるなんとも言えない感じ。モノクロで撮りたいと思える光に出逢えたらまた撮ってみよう。

Untitled

 

こちらもどうぞ

Sendai

Untitled

杜の都仙台へ。

Untitled

仙台藩伊達政宗公が眠る瑞鳳殿を訪ねました。

Untitled

一度空襲で消失しているのですが、仙台市民にとって特別な存在である伊達政宗公の御廟とあって復元しています。

Untitled

北の日光東照宮とも言えるほどの豪華絢爛さ。

Untitled

Untitled

杜の都らしく青く深い森に守られています。

Untitled

ちょうど仙台七夕まつりが開かれており、護国神社も華やかな様子。

Untitled

Untitled

さすがは人気が高い戦国武将。記念撮影をする人が絶えません。

Untitled

Untitled

閑かな東北を放浪したあとに仙台に来ると都会さに驚いてしまいました。何をすれば良いかわからず、ひたすらコーヒー飲むかホテルでゆっくりしていました。日程が合えば三陸に行きたかった…

Untitled

仙台の名店 ホシヤマ珈琲店 本店へ。結構お高めとあってとても落ち着いた雰囲気でした。

 

東北の中心都市 仙台を少し歩きました。

緑が多く、若人が集い、街も賑やかで楽しげなところでした。都会に住むのは抵抗があるのですが、仙台なら暮らせそうかも…

Untitled

 

こちらもどうぞ

Hiraizumi

Untitled

人生で一度は訪れたかった場所、平泉へ。

Untitled

弁慶堂。

Untitled

奥州藤原氏4代が眠る、中尊寺金色堂。ふんだんに金であしらわれた御堂は奥州藤原氏の強大な権勢と経済力の表れですね。平泉も当時は京に続く日本第2位の大都市だったとか。砂金の採掘と北方貿易で栄え、かつ、軍馬も多く採れた奥州はその経済力と軍事力で事実上の独立国家でした。しかし、これも源頼朝の奥州征伐で潰えてしまいます。

Untitled

Untitled

 

続いて訪れたのは毛越寺

Untitled

Untitled

この巨大な池にあった大伽藍は平等院鳳凰堂を凌いだとか。

Untitled

Untitled

スケールが何もかも大きい平泉。当時は奥州17万騎とも云われる軍事力を持った奥州藤原氏はなぜ鎌倉幕府軍に敗れたのか…迎え討つ軍勢が2万騎せいぜいなのは17万騎のほとんどが半農半武で、思ったように動員できなかったのだろうか。それかもともと17万騎というのがただのブラフだったのか。また、ゲリラ戦が得意な義経公が生きていたら寡勢でも少しは抵抗できたのでは、などと考え始めたらキリがなく面白いものです。

Untitled

夏草や 兵どもが 夢の跡

芭蕉も詠んだように、しみじみと人の世の儚さを感じられる場所、それが平泉。

Untitled

 

いつもはPENTAXもGRもカメラ内現像するのですが、この日は暑過ぎてそれさえも面倒になり、撮って出し。でも、撮って出しでも十分かもしれませんね、GRなら。

Untitled

 

こちらもどうぞ

TSUGARU

Untitled

秋田から弘前へはただ奥羽本線を通っても面白くないので五能線経由で行きます。ちょうどリゾートしらかみの指定席を買えたので、旅気分を増して、いざ弘前へ。

Untitled

途中駅では5〜10分程度停車するので、ミニイベントやスタンプラリーを楽しめます。

Untitled

秋田の正統派の夏の景色に完敗です。観光列車として優れ過ぎている。

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

長時間なので飽きるかなと思っていましたが、景色が良過ぎて最後まで楽しめました。

あっという間に岩木山が見える津軽平野へ。

 

Untitled

純喫茶ルビアンにてひと休憩。こういうお店がある町に住みたいですね。

Untitled

弘南鉄道に乗り、宿へ向かいます。

Untitled

Untitled

中央弘前駅から大鰐線です。街中の駅とは思えないゆるさ。

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

大鰐駅に着きました。安易な表現ですが、この駅エモすぎませんか…

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

大鰐温泉の街は夕日に照らされてやがて陽は沈み…

Untitled

由緒ある宿、ヤマニ仙遊館へ。

Untitled

荘厳な雰囲気。珍しい文化財に泊まれる宿です。

Untitled

Untitled

朝ごはんが良い。

Untitled

ヤマニの紋章が入ったお櫃。

良い旅は良い朝ごはんから。しかも、立派な庭園を前に食すことができ、普段では味わえない空気感が体に沁み渡りました。

Untitled

すっかり雨模様のお盆。暑過ぎたこの頃の夏は、今になってはとても羨ましい。

 

こちらもどうぞ