flumingo

flumingo

mountaineering & camera

ローカル感を味わう

地元を走る山陽電車はローカル感があります。

revival color train Sanyo 3030F

といっても山陽電車は普通電車、特急電車共に朝は12分に1本、昼は15分に1本と1時間に8〜10本電車が走ってるのでローカル線ではないですが、沿線の風景や駅の雰囲気でそう感じるのではと思います。

revival color train Sanyo 3030F

また、大手私鉄に比べて電車の駅への進入スピードが遅めなのも影響してるのでは?と思ったりもします。

revival color train Sanyo 3030F

そして、中小私鉄よりは大きいけど大手私鉄ほど大きくもないので準大手私鉄に分類されるのもわかります。

revival color train Sanyo 3030F

ツートンカラー復刻塗装車両3030編成。最後の定期検査を受けて走り終えるまで残り僅かです。

station

駅構造物も良い意味で洗練されてないのでスナップしがいがあります。

station

普通電車は車齢40年を超え、50年に迫るものも多いのでレトロな雰囲気を味わえます。

station

途中駅で影を探す。

station

踏切障害物検知器。

 

大手私鉄と同じようにパターンダイヤを組み、1dayチケットを買えば阪神電車の大阪梅田から山陽電車山陽姫路まで1日乗り放題なのでローカル線を手軽に味わえますね。

 

flum.hatenablog.com

 

flum.hatenablog.com