flumingo

flumingo

mountaineering & camera

瓶ヶ森で朝日を拝み、面河渓で暑すぎる五月を涼む

AdobePhotoshopExpress_2019_05_28_14:46:50

こんにちは、flumingoです。

5月の最後はとても暑かったですね。

5月25日にホスピタリティを求めて瓶ヶ森で日の出拝み朝活をし、清流が生まれる場所面河渓で涼んできました。

瓶ヶ森

石鎚山の東側にある愛媛県西条市の山。登山口から頂上までの距離が短く、高低差も小さいので初心者向けの山でかつ眺望が良いので老若男女に愛されています。
登山口へのアクセス

午前7時に開門する石鎚スカイライン経由だと日の出に間に合わないので国道194号線の寒風山トンネルを経由して瓶ヶ森林道(通称UFOライン)を通って瓶ヶ森林道駐車場へ至る。

瓶ヶ森林道は落石が多く車道に大きな石が落ちていたり、崩れて車道が欠けている(目印として反射板付きのカラーコーンがある)ことがあるので特に夜間は注意して運転する必要があります。

コースタイム

総コースタイム 1時間10分

瓶ヶ森林道駐車場 3:29 →東之川瓶ヶ森分岐点 3:44 →4:01 瓶ヶ森山頂 5:41 → 男山 5:56 → 6:19 瓶ヶ森林道駐車場

使ったお金

レンタカー代:5700円 

ガソリン代:1800円 

食事・行動食代:1500円 

面河山岳博物館入館料:250円(モンベルクラブ会員証提示で50円引) 

計:9250円程度

 

山行

狂気のUFOライン深夜ドライブを終えて、合計2時間半くらい運転したので軽く30分ほど仮眠を取ってから出発。

駐車場からも裸眼で星がたくさん見えます。

登山口にはカメラと三脚を持った方が1人先に出発していかれました。

 

分岐手前でその方に挨拶して追い越しました。

 

しばらく歩いて分岐を過ぎたあたりで後ろを見ると写真では真っ暗で闇の中に見える…

実際は月明かりで少し明るかった。

広い場所で三脚でも立てて撮ったら良かったかもね。

 

Untitled

 

あっという間30分ほどで瓶ヶ森山頂に到着。

我ながら速いペース。ザックの耐荷重18kgギリギリの重さだけど、GREGORY PARAGON48の背面システムが快適すぎて重さを感じません。

 

まもなく後ろから先ほどのカメラの人が追いついてこられました。

こちらがすでに三脚を立てて撮影していてヘッドライトが影響すると思われたからでしょうか、

「すみません」

と声をかけられる。

「全然いいですよ」

と返しました。

 

去年あたりでしたか、北アルプス涸沢で夜景を撮っていたカメラマンが「邪魔だからヘッドライトを消せ」と怒鳴った事案があったと聞きました。これは良くないですね。マナー違反です。

 

少し大事な脱線をしましたが続きます。

 

この日は星が綺麗でした。

南西の空、天の川の方向に明るい月があるせいで天の川は見にくいけど、これはこれで良い。

 

Untitled

 

北側は今治と西条の夜景と瀬戸内海が見えます。

東の空はすでに明るくなりつつあります。

風が少しあり流石に寒いので、ダウンジャケットとハードシェルを羽織り、そして、夜の山で同じ風のある稜線に留まり続けて動かないのは危険ということを思い知らされます。

 

Untitled

 

だいぶ明るくなってきて朝のマジックアワーを迎えます。

霞がかってるけど、そのおかげで空の階調がとても綺麗。

こんなに景色が良いのにこの日は私含めて二人だけ。

この点において四国は最高です。

もう一人の方はNikon D610ユーザーのようです。

少し雑談しながら撮影しました。

 

Untitled

 

4時50分頃、日の出を迎える。

山の上なので下界より少し早い。

 

Untitled

 

ピカーン!祠が光を放つ!光芒!!!

 

Untitled

 

清々しい朝です。

 

Untitled

 

すっかり明るくなり三脚が要らなくなったので、三脚は被写体になります。

三脚ポトレの開始だ!!!

美しい…美脚すぎでしょ…

 

Untitled

Untitled

Untitled

 

ようやく山での撮影システムが揃いつつあります。

GREGORYとLeofotoの共演。

軽くて強いカーボン三脚は登山の味方。

 

Untitled

 

四国山地が連なり、太陽とグラデーション。

生命を感じますね。

 

Untitled

 

西側には微妙に先っちょだけモルゲンロードになった石鎚山がみえました。

瓶ヶ森の笹野と霊峰石鎚山。次はここで夕陽を撮りたい。

 

Untitled

 

明るくなってきたので下山を開始。

この笹野が広がる稜線と連なる山々がTHE 四国の山って感じ。

素晴らしい。

 

笹が広がる四国山地

 

花の季節5月ということで樹木には可愛いのがついてました。

 

Untitled

 

オオカメノキの花です。小さい花が密集して1つの花になるやつ!!!

 

Untitled

 

瓶ヶ森(女山)に続く二番目のピークである男山を通過。蔵王権現を祀る祠がある。

 

Untitled

 

男山を過ぎるとすぐ真下に駐車場が見えます。見てもわかる通りそこそこ大きい駐車場です。

奥には手箱山や筒上山が見えます。

 

Untitled

 

下山。

頂上で一緒だったD610オーナーの方にコーヒーを頂き、しばらくカメラ談義をしていました。

弱小マウントPENTAX Kマウントユーザーである私からすればNikon Fマウントみたいな強いマウントだったら悩みはなさそうに思えるのですが何かしら大なり小なり悩みがあるご様子でした。

 

D610の方とお別れして、そのあと車でしばらく休憩していましたが、虫が多すぎるので土小屋に行くことにしました。

土小屋で石鎚山に登るか、昼寝をした後もう一回瓶ヶ森に戻って夕方のマジックアワーを見るか、ゆる~く面河渓で休憩するか悩みましたが、一番楽な面河渓に行くことにしました。

面河渓

石鎚スカイラインを下って面河渓におりてきました。

 

Untitled

 

面河渓の透明感凄すぎでしょ。

さすがは清流 仁淀川の上流部!

見るだけで涼しい。

 

仁淀川ブルーにつながる面河渓の透明感

Untitled

 

お昼ご飯

豊かな自然に全く映えないポカリスエットとコンビニパンをいただく。

渓泉亭・面河茶屋に入っても良かった気がするが、、、

 

Untitled

 

 断崖絶壁の下に渓流。

圧倒的ロケーション!!!

 

Untitled


SUUNTOのブツ撮り。

防水だから全然これくらいオッケーだよ。

 

SUUNTO SPARTAN SPORT WRIST HR

 

 すっかり涼んだ後は少し知的好奇心を満たしたくなって面河山岳博物館に初めて入館。

この辺りは大昔、大きな火山で、マグマだまりが空洞になり、それらが押しつぶされ沈んだ結果、取り残された火山の縁が今日の石鎚山や二の森になったらしい。

 

博物館を出て駐車場横の階段を降りると岩水と緑のコントラストが良い場所に行ける。

 

Untitled

 

 PENTAXお得意の緑の描写が光る!!!

 影の感じがたまらんですね。

 

面河渓

 

帰路

 いつもは一度久万高原町中心地まで行き三坂道路経由で帰るのが定番で一番楽なのですが、この日は何をトチ狂ったのか、国道494号線 黒森峠を抜けることにしました。

途中までは面河支所など役所がある中心地に伸びる道なので立派な道路でしたが、途中から完全な酷道と化しました。

午前0時から歌いながらずっと運転してた私ですが、この時ばかりは沈黙しました。

道はめちゃくちゃクネクネしてるし、対向車のトヨタ86がありえんスピードで突っ込んでくるし、終始冷汗かいてました。

なので黒森峠の最高部に達したときは謎の達成感と征服感がありました。

 

Untitled

 

このあと初めてすれ違い不可能な場所で対向車と遭遇するなど苦難はありましたが、無事に東温市に抜け、国道11号線に合流し、松山へ帰ることができました。

 

まとめ

瓶ヶ森はサクッと登ることができるので初心者にオススメしたい山の一つです。

 

しかし、朝日を拝むときはナイトハイクは必至なので安全を考えると一度昼間に登ることをオススメします。

 

稜線沿いでの長時間撮影は夏山でもしっかり防寒着を着たうえで行ってください。

さもないと気づかないうちに低体温症で動けなくなります。

そうなるとセルフレスキュー不可能です。

 

面河渓はドライブスポットとして登山しない人でもおすすめです。土小屋からは瓶ヶ森石鎚山も眺められるのでセットで行くと良いでしょう。

 

土小屋から見た瓶ヶ森

Untitled

土小屋から見た石鎚山Untitled

 

装備・レイヤリング

フットウェア

 【登山靴】LOWA TICAM Ⅱ GTX WXL

 

レイヤリング

【ドライレイヤー】finetrack スキンメッシュロングスリーブ・タイツ

ファイントラック(finetrack) スキンメッシュロングスリーブ男性用 FUM0411 ブラック M

ファイントラック(finetrack) スキンメッシュロングスリーブ男性用 FUM0411 ブラック M

 
ファイントラック(finetrack) スキンメッシュタイツ男性用 FUM0413 ブラック L

ファイントラック(finetrack) スキンメッシュタイツ男性用 FUM0413 ブラック L

 

 

【ベースレイヤー】finetrack ドラウトタフジップネック メンズ ブルー

www.finetrack.com

 

【ミッドシェル】mont-bell サイクライムジャケット Men's ブラック

webshop.montbell.jp

【アウターシェル】finetrack エバーブレスアクロジャケット ファイアレッド

 

【パンツ】finetrack ストームゴージュアルパインパンツ

 

【インシュレーション】mont-bell ライト アルパイン ダウン PK M's 

 

 

【アウトドアウォッチ】SUUNTO SPARTAN SPORT WRIST HR フォレスト

 

ザック

【メインザック】GREGORY PARAGON48 オメガブルー

[グレゴリー] パラゴン48 オメガブルー SM/MD 778551640

[グレゴリー] パラゴン48 オメガブルー SM/MD 778551640

 

 

サコッシュ】karrimor Trek Carry Sacoshe レジオン 

 

機材

【カメラ】PENTAX K-70

【レンズ】smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR

 

【三脚】Leofoto LS-284C

【雲台】Leofoto LH-30

Leofoto LS-284C+LH30

Leofoto LS-284C+LH30