flumingo

flumingo

mountaineering & camera

workflow

久しぶりにLightroom CCを使って現像してみました。最近は撮って出しかPENTAXカメラ内現像ばかりでしたが、これがLightroomでの現像にも役に立っている気がします。Lightroomで現像することを前提に写真を撮ると撮影段階で画作りを追い込むことが少なくなるのですが、カメラ内現像だとパラメータの振れ幅がLightroomに比べて狭い分、撮影段階でそれなりに完成度の高い状態に持って行かなくてはいけないんですよね。撮影段階で追い込んでおくといつも1枚あたり30分くらいかけてた現像も2分くらいで終わるので時間の無駄が少なくて他の趣味にも時間を回せるので有意義です。

でも、現像した写真を見るとまだまだカメラ内現像の方が良い色が出る気がしますね。修行が足りない…

Untitled