flumingo

flumingo

mountaineering & camera

smc PENTAX-DA★ 55mm F1.4 SDM

またレンズを買ってしまいました。DA★55mm F1.4 です。マップカメラの中古で4万弱くらいでした。DA★60-250mm F4に引き続き、またスターレンズですね。スターレンズと言っても2009年発売なのでかれこれもう10年前のレンズということになります。なので中古値段がちょうど良くて学生でも手が届く感じが最高です。

開放がF1.4ということでF2.4までの世界しか知らない私にとっては魅惑の数字でした。

www.ricoh-imaging.co.jp

今回買う際に迷った競合レンズがD-FA Macro 100mm F2.8。マクロの楽しさはGRIIで知り、さらに深いマクロの世界に入れる100mmマクロも興味深いレンズでした。これまでズームレンズを使ってきても望遠で切り取ることが多かったので運用しやすそうでもありました。

www.ricoh-imaging.co.jp

買おうと思った日にマップカメラのサイトを覗くと100mmマクロの中古が売り切れていたので、55mm F1.4を買いました。100mmマクロもいつかは手にしてみたいレンズですね。次買うならこれです。

外観

K-70に付けるとこんな感じになります。スターレンズ特有の煩いデザインは結構好きです。

Untitled

フードがとても大きいのが特徴的でさほどレンズ本体は大きくありません。

Untitled

持ってみると意外と軽い。スナップに持ち出しても苦労は少なそうです。

使い方が慣れるまで難しいレンズ

街撮りや登山に持っていって撮ってみてつくづく思ったのが、55mmってなかなか難しい画角。というより慣れてない画角なんですよね。

55mmだと35mm換算で85mmくらいなのでちょうどポートレートに最適なレンズで、公式サイトでも作例はポートレートしかないほどなのです。しかし、私はポートレートは苦手で、というよりも被写体となるような人がいないので公式お望みの使い方はしないかと思います。

F1.4に惹かれただけで何を撮るか全く考えないまま買ったので困っている感じはありますね。同じ画角を使ってる良い作例が載っているブログなどがあったら紹介しようと思っています。

このレンズじゃなくても同じ画角の良い作例知ってる方は是非コメント欄で教えてください。

smc DA★ 55mm F1.4 SDMの作例が載っているサイト・ブログ (2019.12.18 追記)

photo.yodobashi.com

blog.hisway306.jp

blog.hisway306.jp

blog.hisway306.jp

iwa-maru.hatenablog.com

fotolier.com

My First Impression Photos

長々と書いても仕方がないのでサラッといきます。

Untitled

冬の森の空を見上げて撮った写真。抜け感がさすがスターレンズの描写って感じ。

Untitled

足元にある何か気になる光を捉えるのに良いレンズかもしれない。

Untitled

最短撮影距離は0.45mと普通ですが、画角が55mmなので結構寄れている感じはあります。解像感もなかなかあります。

 

ここからは大洲の臥龍山荘で撮った写真から抽出。

Untitled

もう少し寄ればよかったかなと思ったり。

Untitled

 

Untitled

Untitled

部屋から庭園を覗く。

Untitled

臥龍院の縁側から覗く庭園の様子。

Untitled

舞台造の不老庵。

Untitled

柱の下にはすぐ肱川が流れます。

 

以下はF1.4ということでナイトスナップも試しました。

DA★55mmF1.4

被写界深度が浅いのでどこにピントを合わせるのかが分からなくなります。

AFに頼れない時もあり、MFで手を震わせながらピントを合わせています。

道後温泉駅

道後温泉駅にて。

やはり明るいレンズだとISOを上げなくて済んだりF5.0まで絞るとキリッとしたりと余裕を感じますね。

 

なかなか習熟まで難しそうなレンズですが根気よくやっていきたいと思っています。